子供に肌着は夏も着せたほうがいい?肌着を着用する必要性は?

酷暑が続く最近の夏。
ベタベタ汗で気持ち悪い。

快適に過ごしたい!涼しく過ごしたい!

みんなそう思いますよね。

子供の肌着、どうしてますか?

中学にもなると、勝手にしてますが、小さい間は、暑いし、肌着はいらないのかな、と思いますよね。

私自身、春夏秋冬絶対肌着は身につけなさいと育っています。

ただ、すごい暑がりで、一枚でも身につけるものは少ない方が良かったんです。

子供たちには子供たちに決めさせているんですが、実際、肌着は夏でも着た方が良いのでしょうか。

スポンサーリンク

肌着を着用する必要性は?


上でお話しした様に私の母は肌着をいつも着てなさい、って人でした。

温度調整できるし、清潔!!

これが理由でした。
夏といえど、体調不良もあるだろうという事や、女の子特有の冷え対策、らしいです。

女の子特有といえば、早い子ならば小学中学年には、少し女性らしいラインの体型になります。

特に胸。
少し厚めになっているとか、早い子はスポーツブラの様なものをつけるみたいですね。

うちは男の子しかいませんから、最近の事情はわかりません。

自分が、小学生の頃はそんな風にしていた気がします。

また、乾燥肌対策になる一面も。

かなり乾燥肌な息子なので、これは気になります。

綿素材の肌着は灼熱の太陽の下、乾いても水分を含んでいるらしいです。

パリパリになるくらいカラリと乾くのに?

綿素材はそういうものなのです。

乾燥肌との相性は抜群です。

早速試してみます。

こんな風に、明確な理由ない限り、正しい着用というものはないかと思います。

体調や気温で調整した方が快適に過ごせるはずです。

夏も肌着着用派の理由


暑いのになぜ一枚分沢山着用しないといけないの?

夏は冷房が当たり前になりました。

公立も、私の子供が通う小学校では昨年からエアコンが設置され、夏休みが一週間短くなりました。

外は猛暑、中はヒンヤリ。

スポンサーリンク

これ、気持ちいいですが、極端な温度変化は風邪をひいたり、体調悪くなったりする元ですよね。

汗だくのまま、冷えた部屋に入ると、急激に体が冷やされます。

体温異常といって、体内で産生される熱(産熱)と体外に放散される熱(放熱)の バランスが崩れてしまうのも体調不良になる原因なんです。

汗だくになったら着替える。

着替えがないなら肌着が汗を吸収するから、脱いでしまう。

その方が衛生的で、且つ、温度変化がない分身体にも負担がかからないです。

夏にオススメの肌着の素材は?


乾燥肌には綿が良いと書きましたが、他に夏に適した生地はないのでしょうか。

メッシュ素材はオススメです。

通気性がよく、『瞬乾』と謳うものがある様に、すぐに乾きます。

こういう素材は夏に適しています。

まとめ


肌着着用にはやはり役割があります。

・温度変化に対応する役割
・肌を守る役割
・大切な場所を隠す役割

大きく分けたらこうなりました。

また、肌着を着せるタイミングも大切。

・寒い時
・寝る時
・化学繊維衣類を着る時

寒い時はいうまでもないですね。

寝る時は、寝汗、かきませんか?

子供は代謝がいいので、驚くほど汗っかきな子もいます。
吸収用に着用した方がいいです

化学繊維衣類は、いわゆる、痒い!ムズムズする!という素材。

直にそんな素材身につけるなんて嫌ですよね。
肌着が防御壁になってくれます。

こういう理由を、必要に応じてしてあげると、子供も納得して肌着を着るかなと思います。

また、思春期で大きく体型が変わる時期は、敏感な年頃ですから、一緒に肌着を買いにいくのもいいかもしれませんね。

無理矢理嫌がるのに着せるまでもない気がします。

子供に合わせて、体調が気温、気持ちを聞きながら適切な着方をしていれば問題ないと思います。
正解も不正解もなく、その時々、臨機応変にできたら、と考えています^^

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました