台風のとき雨戸はどうしたら良い?アパートに住んでいる場合は?

2階建てのアパートであれば、ほとんどの場合は雨戸がついているかと思います。

ですが、落下などの危険を考えて3階以上のアパートでは、2枚ガラスや二重サッシにして、安全性を高めている所もあります。

しっかりしている雨戸であれば、台風のときは閉めた方が良いでしょう。

強風で思いもよらない物が飛んでくることがあるからです。

今回はアパート住まいで雨戸を閉めるときのメリットや注意点などをまとめてみました。

スポンサーリンク

古い雨戸は台風時は閉めるとかえって危険!


アパートでよくあるのが、古くなったシャッター式の雨戸です。

メンテナンスが行き届いていない雨戸の場合、台風時は強風でめくり上がってしまったり、収納部が外れるなどのトラブルが考えられます。

落下して、近所の方にまで迷惑が及ぶこともあるので、この場合は雨戸を閉めるのは止めておきましょう。

「うちは戸袋つきの雨戸だから大丈夫」と思った方もおられるでしょうが、これも年数によっては危険です。

残念ながら、雨戸は取り付けたらずっと使える訳ではないのです。

賃貸物件なら、壊れたときでも修理や交換が可能ですが、台風時は落下の危険があるので閉めた方が良いとは言い難いです。

日ごろから、掃除などのついでに雨戸がガタガタしないかなどチェックしておいた方が良いですね。

台風のときに雨戸はどう役に立つの?


あまり台風がこない土地だと、その危険を推し量ることは難しいでしょう。

台風時に雨戸を閉めることには、ガラス飛散防止のためです。

雨戸を閉めるのと閉めないのでは、生死を左右するほどの違いがあるのです。

台風のときは強風で物が飛んできたり、風圧でガラスが湾曲することもあります。

雨戸はそれらの危険から守ってくれる防災設備として、とても重要な役割をこなしてくれるのです。

風速30m以上の強風がガラスと共に部屋へ入り込んでくれば、自身にも危険が及びますし、室内も棚が倒れたり物が飛んだりして思わぬ二次災害を生むことになります。

スポンサーリンク

こういった事を防ぐためにも、台風時はしっかりと雨戸は閉めるべきでしょう。

その際は、本体が飛ばされないように、鍵をきちんとかけておきましょう

スライド式もシャッター式も、鍵を閉めることで本体が飛ばされることを防げます。

特にスライド式は強風で勝手に開いてしまう場合があるので、気を付けてくださいね。

アパートで雨戸を閉めない方が良いと判断した場合の対策は?


アパート住まいの方でベランダで家庭菜園を楽しんでいる方は多いでしょうが、台風時はそれらが強風で飛ぶことがあります。

植木鉢などは部屋の中にしまっておいた方が良いでしょう。

他にも外に飛来物になりそうな物があったら、台風が来る前にしまっておきましょう。

ガラス飛散防止対策として、窓ガラスの内側から布製ガムテープを張って補強するという方法もあります。

他にも、段ボールを窓に張り付けるといった方法があるので試してみてくださいね。

また、カーテンはきちんと閉めておくことも大事です。

いざというとき、対策をしているのとしていないのでは被害が全然違います。

ホームセンターなどで、飛散防止フィルムなども売られているので活用してみてくださいね。

まとめ


アパートの雨戸は日ごろからメンテナンスをして、いざという時に使えるようにしておいた方が良いですね。

もし、古くなっているようだったら不動産屋に連絡して交換か修理してもらうようにしましょう。

日ごろは防犯や遮光の代わりとして使うことの多い雨戸ですが、台風のときは危険から身を守ってくれますので、ご自身のお部屋の雨戸をチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました