手作りしたチョコを郵送する方法は? 賞味期限や梱包方法も!

バレンタインには彼氏に手作りチョコをプレゼントすることは女の子の楽しみのひとつですよね。
遠距離恋愛中だと手作りしたものがすぐに渡せないけれど、せっかくのバレンタインだからプレゼントしたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は手作りしたチョコレートを郵送する方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

チョコの郵送の方法!手作りの場合は?


郵送にはいろいろな方法がありますが、お菓子を送ろうと思った時にどの郵送方法を選ぶといいのか迷うのではないでしょうか。

また郵送方法や距離などによっても、送料がかなり違ってきます。
なので送料を安くするためにも普通の郵便(定形外など)で送りたいと考える方も多いかもしれません。

しかし、手作りしたお菓子は、常温保存できるお菓子であってもクール便を利用するのがおすすめです。

なぜなら、普通郵便で送るとその他の封書などの普通郵便と同じ扱いをされるため、配達までの間に仕分け作業などで温度の高い場所に数時間置かれたり、配達方法によっては外気に触れている時間が長かったりする可能性があるからです。
また、直接的に陽にあたることはなくても溶けやすい環境になっていたり、雑な扱いをされて中身がぐちゃぐちゃになってしまったりという事もないわけではありません。

バレンタインはまだ冬の寒い時期とはいえ、保管環境によっては傷みを早めてしまったりする恐れもあります。
手作りしたお菓子が出来上がった時の綺麗な状態で、美味しさの保たれた物を届けるためには、クール便が一番安心ですよ。

手作りチョコの賞味期限は?冬でも郵送は要注意!


宅配便の場合、近くであればだいたい翌日に届きますが、例えば北海道から発送したものを北海道や沖縄などに送るには届くまでに2、3日かかることがあります。

手作りのお菓子を送る際に気になるのはやはり賞味期限ですよね。

市販のお菓子のように手作りには保存料は使用していないでしょうし、調理中の衛生管理も完璧ではないことが多いです。
そのため市販のお菓子と比べとものすごく賞味期限は短くなってしまいます。

生チョコやトリュフなどは2~3日、チョコレートだけを使った型抜きチョコレートなどは4~5日、クッキーやパウンドケーキなども焼き菓子でも1週間ほどです

生チョコやトリュフなどは形が崩れにくいので、郵送にも向いているとも思いますが、材料で生クリームを使用しているため、あまり日持ちしません。
生クリームは傷みが早いため、生クリームを使って手作りしたケーキなどは郵送するのはおすすめできません。

スポンサーリンク

また焼き菓子などは一週間ほど賞味期限があると言いましたが、焼き菓子でも油を多く含んだパイなどは手作りの場合、油の酸化が早いので味が落ちてしまいます。

チーズケーキなど焼いているケーキでも、やはり材料に生クリームやチーズなど傷みやすい乳製品が多く使用されているため、日持ちがしません。

またフルーツなどの水分の多い生の食材は傷みやすく、冬場でも食中毒の心配があるため郵送するお菓子には使用しないようにしましょう

チョコなどのお菓子を郵送するための梱包方法!

バレンタインのプレゼントなので、手作りしたものを破れたり潰したりすることなく、出来上がったときの綺麗なままの状態で届けたいものですよね。
そのため包装やラッピングも念入りにしておくと安心です。

基本的にはチョコや焼き菓子などは一個ずつを個別に包装してから、準備したラッピング用の箱などに入れます。

そしてラッピングした箱の隙間を埋めるように、緩衝材と一緒に郵送用の箱に詰めます。

個別包装をする時には、ワックスペーパーがあるととても便利です。

今では可愛い柄や模様の描かれたものが100均などでも売られているため、手軽に準備出来ますよ。
ワックスペーパーの紙自体は薄くても、チョコ同士がくっついたり箱の中で動いたりするのも抑えることが出来るためとても便利に使うことができます。

郵送用の箱は、ラッピング用の箱よりも一回り大きな段ボールを準備します。
プチプチのついた緩衝材などを敷き詰めて、その箱にラッピングしたものを入れて、中で動かないようにしましょう。
郵送用の箱はダンボールなど強度のある箱を選ぶと、荷物を重ねられたりぶつけられた時の衝撃に耐えられるのでおすすめです。

まとめ


2月14日のバレンタインには大好きな彼氏にチョコレートをプレゼントしたいですよね。
遠距離恋愛で直接渡すことができないという方も、プレゼントしたいけど郵送方法はどうすればいいか迷うと思います。

まだ冬の寒い時期ですが、送料を安くするためにクール便を使用せずに、もし溶けてしまったり割れてしまったりしては、せっかくのバレンタインなのにショックですよね。

郵送はいろんな方法がありますし、絶対にクール便ではないといけないというわけではありませんが、手作りチョコが出来上がったキレイな状態のまま彼氏に送るには、私はクール便が一番安心できるのではないかと思います。

是非参考にして、バレンタインという一日を素敵な思い出にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました