チョコレートを冷凍したら品質が落ちる?保存は常温でするべき?

チョコレートって、どんなふうに保存してますか?

夏場は溶けてベタベタになってしまうから買うことすらためらいますよね。
わたしは一年中冷凍庫に入れる癖があります。
カチカチの冷たさがたまりません。

チョコレートといっても、ミルクチョコやビターチョコ、ポッキーなどのようにお菓子つき。
いろんなチョコレートがありますが、冷蔵・冷凍保存したときに、品質的にはどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

チョコレートの保存には適温がある?


チョコレートにも適正温度があります。
約15度から22度とチョコレートメーカーは発表しています。
だいたい過ごしやすい秋の気候くらいでしょうか。

上でお話ししたように、チョコレートは熱さや湿度が大の苦手。
品質どころか形まで変わってしまいます。

保存場所は当然ですが、直射日光のあたらない暗所が適しています。
湿気がなく涼しいところですね。
こんな場所があるなら、常温保存でも大丈夫です。

チョコレートの冷蔵保存は問題ない?


暑い日、冷暗所がなく常温保存が難しいとき、冷蔵庫にチョコレートをいれませんか。
わたしもときどき冷蔵庫保存します。

しかし、冷蔵庫保存はチョコレートの品質が低下するんです。

すごく不味くなったりするわけではないので、28度を越えたら冷蔵庫保存の方がいいみたいです。
いちいち測ってられないので、蒸し暑く感じたら冷蔵庫、涼しいなら常温保存でいいと思いますよ。

チョコレートを冷凍庫保存すると品質はどうなる?


わたしが大好きな冷蔵庫保存なんですが、冷蔵庫保存より更に品質が落ちるようです( ; ; )
あの、カチカチの歯ごたえが大好きなんですが、どうやらたいしたメリットはないようです。

冷凍庫保存したからといって、味が良くなるわけでもなく長期保存できるわけでもなさそうです。

わたしのように硬く冷たいチョコレートが好きな人にしか支持されないようです。

冷凍庫保存のデメリットでよく言われるのが、チョコレートの脂肪分が白濁してかたまるのを早めるということ。
そういえば、チョコレートが白っぽくなっています。
味覚的に問題はないのですが、脂肪のかたまりが目に見えてるというのは微妙かもしれないですね。

子どもに聞く!冷凍カチカチチョコレートの良さ


冷蔵庫保管派の我が家。
子どもはフルタの生クリームチョコレートが大好きです。
袋入りのお得で経済的なチョコレートなのに、味はかなり良いと思います。

スポンサーリンク
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フルタ 生クリームチョコ1個 30入 【ラッキーシール対応】
価格:583円(税込、送料別) (2018/10/31時点)

このシンプルなチョコレートを冷凍保存すると当然氷のようにカチカチになります。
それをそのまま口の中へ。

かなり長い時間をかけて溶けていく感じがまさに飴玉のようなんです。
美味しいですよ。よかったら一度お試しください( ・∇・)

まとめ


常温保存がベストという結論が出ました。

冷蔵庫や冷凍庫で保存すると、白いかたまりやポツポツが浮き出るということ。
味は変わりなく思いますが品質は悪くなっています。

しかし、チョコレートを真夏に常温保存するなんて考えられませんよね。
いくら冷暗所に置いておいても、柔らかく溶けてしまい、サクッとしたチョコレート本来の歯ごたえがなくなります。

それならばわたしは、冷蔵庫で冷やしたり冷凍庫でかためて、歯ごたえを楽しんで食べたいと思います。

好みの問題であり、市販のチョコレートにそこまでの情熱を注ぐ人はいないと思います。
これを読んでいる人はかなりのチョコレートマニアであり、こだわりの強い探究心ある人ではないでしょうか。
そんなあなたが、未来のチョコレート業界を支えているのです。
なんだか胸の熱くなる話ですよね。

その情熱がチョコレートメーカーに届いたら、きっと「溶けないチョコレート」が主流になるのではないかと思います。
一緒に頑張って訴えて行きましょう。
そして、常温、冷蔵、冷凍に万能なチョコレートの誕生を楽しみにしましょうね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました