チョコレートを夜食べるとニキビが出来る?食事とニキビの関係は?

甘くて美味しいチョコレート。
子どもも大人も大好きな人、多いと思います。
わたしもついつい「疲れたときは甘いもの!」と、つまんでしまいます。

でも、チョコレートを夜食べるとニキビができる、増えるって聞いたことありませんか?
この噂は噂なのか真実なのか、チョコレート好きにはかなりきになるところですよね。

そこで、チョコレートは夜食べるとニキビができるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

うさわはうわさ!?チョコレートとニキビに医学的根拠なし


何度も聞いてきた「チョコレートはニキビのもと」のような言葉。
アメリカの権威ある大学教授も日本のチョコレート・カカオ協会という機関も「そんな科学的根拠はない」と明言しています

つまり、噂はウワサで、チョコレートを食べたからニキビができるわけがない、ということです。

そもそも食事とニキビに因果関係が全くない


こうした食べ物と身体の不具合を調べる機関は世界に複数あり、それら全ての見解として、何かを食べたからニキビができる、なんてことはないと言っています。
チョコレートを食べたから、●●を食べたから、ニキビができるのではないんです。

では、なぜそんな根も葉もない噂が広まっているんでしょうか。

世界の偉い人たちが、束になり、そんな事実はないと言ってるのに、未だにチョコレートとニキビの話、聞きますよね。

市販のチョコレートで、カカオ豆だけで作った添加物なしのチョコレートなんてまず販売していません。
ナッツが入っていたり、色とりどりの目にも愉しいチョコレートを連想しませんか?

バターはもちろん砂糖、香料などなど、私たちの口に入るまでにいくつもの添加物が加えられ、あの美味しいチョコレートが出来上がるのです。

そんなこと気にしていたら生きていけませんが、チョコレートは添加物だらけ。
その添加物がニキビの元というのが正しいのです。

スポンサーリンク

そもそもニキビはどうしてできるの?


上でお話ししたチョコレートに含まれる食品添加物。
これが活性酸素を発生させます。

毛穴には汚れがあります。
その汚れが活性酸素によって酸化されるんです。
難しいですが、チョコレートに含まれるものが、もともとある皮脂汚れに働きかけニキビを発生させるということです。

こういう理由から、チョコレートを食べるとニキビができる、ニキビが増える、などと言われる原因なんです。

こんな細かいことは調べないとわかりません。
だから、チョコレート=ニキビ、という図式が消えることがないのだと思います。

チョコレートを夜遅く食べるのはやめよう!


いくらチョコレートとニキビが関係ないからと、時間、所構わずチョコレートを食べていてはお肌がぼろぼろになります。
寝る前や深夜に食べるのはやめましょう。

チョコレートは疲れたときや3時のおやつ、食前に食べると良いとされています。
バカ食いはいけません。
なにごとも適量ですよね。

どうしても気になる人は表記に添加物が少ないものを選ぶといいですよ!

まとめ


甘いものには毒がある、ではありませんが、チョコレートを食べてニキビができやすくなるのは間違いないのかもしれません。

ただし!

チョコレートに含まれる添加物がニキビの原因なのです。
チョコレート自体にニキビを誘発する成分はありません。

また、他にもストレスや疲れでお肌が弱っているときは、どんどんできてしまうでしょう。
ニキビに限らずお肌トラブルは精神的なものも関係しています。
チョコレートはそういった精神的不安を取り除く効果もあるんですよ。

ホルモンバランスの乱れでニキビができたりしますから、抵抗力をあげるためにチョコレートを推奨する専門家もいたりします^^

ウワサを鵜呑みにせず、正しい知識を持ってニキビ対策をしましょうね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました