化粧品の捨て方~アイシャドウは何ゴミ?鏡が付いている場合は?

そのうち捨てようと思って放置している化粧品はありませんか?
いざ捨てようとしても、いったい何ゴミに出せばよいのか迷ってそのままってことけっこうありますよね。

古い化粧品を使うと、お肌にも良くないので使わないものはサクサクっと捨ててしまいましょう。

特にアイシャドウは容器に入っていたり、鏡がついているものが多いので悩むこともありますが、知ると意外と簡単なものです。

今回はアイシャドウの捨て方と分別方法についてまとめたので、参考にしてください。

スポンサーリンク

化粧品の容器は基本的にはプラスチックごみ


けっこう使っているものであれば、多少の粉がくっついていてもそのままプラスチックゴミとして捨てられます。
ですが、中身がある場合にはそれ等は燃えるゴミへと捨てることになります

ほとんどの化粧品には、識別マークというものがついていますので、確認してみましょう。
プラマークがあれば、それはプラスチックごみとして捨てられるものです。

また、中身を取り出す場合にはティッシュや新聞紙などに包んで捨てましょう
自治体によっては、プラスチックを可燃ごみとして扱うところもあるので、地域の分別事情も確認してみてくださいね。

リサイクルも活用しよう


ほとんど使っていないので、捨てるのはなんだか勿体ないと思う方もいるでしょう。
そんな時はリサイクル業者に買い取ってもらうという方法もあります。

化粧品専門の業者もあるので、もしもたまっているようであればこっちのほうがお得かもしれないですね。
化粧品ってけっこうお金をかけるものですので、最後まで使いきれないようであればこういった物も活用してみましょう。

他にも、メーカーによっては使用した化粧品を回収してくれるところもあります。
化粧品を買うときなど、チェックしておくと後々困らずに済みますよ。

スポンサーリンク

アイシャドウに鏡がついている場合の捨て方は?


アイシャドウに鏡がついている場合は、たいていの自治体では鏡は不燃ごみに区分されています。
なので、もし鏡がついている場合はプラスチックゴミではなく不燃ごみとして捨てましょう。

そのとき、中に入っているチップなども取り出しておくのを忘れないようにしましょう

もし、アイシャドウのパウダーが取り出しずらいといった場合は、竹串や爪楊枝などを使うとスムーズにできるはずです。
この捨て方はファンデーションにも共通することなので、覚えておくと役にたちますよ。

自治体によっては、燃えない化粧品として分別している所もあるので、地域のゴミ出しのルールを確認してみましょう。

そして、アイシャドウを取り出す時にはパウダーが飛び散りやすいですから、目などに入らないよう気をつけて取り出してください。

捨て方もキレイにしよう


アイシャドウの捨て方は分かりましたか?

基本的には、中身は燃えるゴミで容器はプラスチックゴミとなりますが、自治体によっても変わってくるので、まずは地域のゴミ出しのルールを確認すると良いでしょう。

ゴミ出しの分別方法は、広報誌やHPなどでも確認できますし、電話で問い合わせることも可能です。
プラマークについてお話しましたが、海外製の化粧品や輸入品などのものにはプラマークがついていないこともあります。
そういう時は、自分で材質を確認する必要がでてくるので注意が必要です。

恐らくプラスチックだろうと思ってはいても、製造方法によってはリサイクルに適さないものもあります。
もしプラマークのない化粧品があった場合は、容器包装リサイクルの資源ごみとしては出さないようにしましょう。

今まで美しくしてくれた化粧品ですから、いらなくなったからといって人や環境に迷惑をかける捨て方をしないよう、最後まで綺麗でいたいですね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました