卵をレンチンすると爆発する理由は?爆発させない方法とは?

料理をする中で、今や時短レシピなど沢山のレシピに登場する電子レンジですが、卵だけは電子レンジで調理すると爆発すると聞いたことがあると思います。

生卵からゆで卵など作る時、意外と時間がかかってしまいますよね。

忙しくて時短したいとき、電子レンジで調理ができたら便利ですよね。

今回は、卵は何故レンチンすると爆発してしまうのか、また爆発しないレンチンでのやり方はあるのか?というのを紹介します。

スポンサーリンク

なぜ卵はレンチンすると爆発する?


電子レンジは『マイクロ波』というものを、温める食材に出し、振動させることで熱が発生しています。

鍋に蓋をする時は、穴が空いているものや、蓋をずらさないと吹きこぼれてしまうのと同じで、卵も熱の逃げ場が必要です。

しかし、卵は膜や殻に覆われていることで、熱の逃げ場がありません。

鍋の蓋のように簡単に熱の逃げ場を作ることもできないですよね、

そのため、熱の逃げ場が無くなった卵は爆発してしまいます。

また、卵は殻から割って出した状態でレンチンしても、殻がある卵と同様、爆発してしまいます。

それは、殻から割って出した卵にも、表面に膜があり、この膜もまた熱の逃げ場を無くしているからです。

卵をレンチンして爆発してしまうと、レンジの故障だけではなく、火が出て家事になってしまう可能性があります

卵の中には、逃げ場のない熱がこもったままです。

このまま食べようと、殻を割ろうとした瞬間に爆発して、やけどを負ってしまうこともあります。

卵をレンチンで爆発させない方法とは?


爆発するのは怖いけど、爆発させない方法があるのであれば、少しでも時短が出来るようにレンジを使いたいものですよね。

スポンサーリンク

卵料理によって、爆発させない方法を紹介していきます。

•目玉焼きをつくる

フライパンで普段は作るかもしれませんが、爆発させない方法があるなら、レンチンしている間に違う調理をしたいものです。

目玉焼きを作りたい時、容器に卵を割ってそのままレンチンしたら爆発します。

爆発させないためには、爪楊枝で黄身に穴を開けておきましょう

そうすると、熱の逃げ場が出来るので爆発を防ぐことができます。

•ゆで卵を温める

今や、スーパーやコンビニなど、作らなくても温めるだけで食べられるおでん。

その中の定番のゆで卵ですが、他の具と一緒に温めることができないですよね。

レンチンしたいときには、まず卵だけ取り出して半分に切っておいてください。

熱の逃げ場を作ることで、爆発を防ぐことができます。

•生卵からゆで卵をつくる

レンチンでゆで卵を作るのは特に爆発の危険があります。

しかし、レンチンでも爆発させずに、ゆで卵を作ることができ、時短に繋がる方法があるのです!

それは、コップとアルミホイルだけで可能になります。

①まず、卵が入るコップを用意します。
②そして、卵をアルミホイルで隙間が出来ないように包みましょう。
③包んだままコップに入れて、完全に浸かるまで水をいれます。
④そして、9分加熱したら、5分ほどそのまま置いておきます。

アルミホイルは、レンジから出るマイクロ波を通しません。

だから、直接卵に熱を与えない為、爆発を防ぐことができます。

しかし、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アルミホイルをレンチンすると火が出ると言われています。

そこで、アルミホイルが完全に浸かるまで水を入れることで出火を防いでくれるのです。

※ただし、絶対出火しないとは言いきれませんので、この方法は自己責任でお願いします。

料理をする側として、いかに楽に時短出来て、美味しい物を作るか勝負なところもあります。

しかし、間違った方法で時短することが危険なこともあります。

正しい方法で安全に調理しましょう。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました