子供が嘘をつくのはなぜ?親に原因がある?対処法が知りたい!

子育てをしていてだんだん大きくなってくると、子供が嘘をついた!ってことはありませんか?

「嘘つきは泥棒の始まり」というように、嘘をつくことは良くないことですよね。

しかし、どうして子供が嘘をついてしまうのか?悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

そんな方の悩みを解決すべく、どうして嘘をついてしまうのか原因と、嘘をついてしまった時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

子供が嘘をつく原因は?


小さい子だとよく、「今度○○にいくんだ~!」とかお友達に言って、あたかも本当の事のように突然話し始めて、「そんなこと知らない!」なんてことないですか?

こういうのは、嘘というより願望や会話の中から「いきたいね~!」と言っていたことが、言葉出した時に出る事であって、あまり気にしなくて大丈夫です。

「そんな嘘つかないで!」と言わず、「いつか一緒にいこうね~!」くらいで大丈夫です。

親の態度が原因かも・・・

上でお話しした嘘以外に、何でそんな嘘つくの?というような内容の嘘をつく子もいますよね。

例えば、お友達に意地悪したけどしてない!とか、誰かに迷惑をかけたのに知らない!とか、他人のせいにしたりなどです。

このような嘘をつくのは親にも原因があります

親が常にイライラしていたり、怒ってばかりいると、だんだん自分に矛先が向かない様にと自然に嘘をついてしまうようになります。

怒られたくない!という気持ちから、嘘が生まれるのです

また、怒られている時など親が感情的になっていると、どうしてもその場から逃げたくなります。

そのため、嘘をついて反省もしていない上に、さらに嘘をついてその場をやり過ごそうとする様になります。

頭ごなしに怒っていませんか?

子供が嘘をつくのは、親への不信感や恐怖感が原因である場合もあります。

悪い事をしてしまった!と分かっていても、子供にとってはその行為をしなければならなかった理由や原因もあったかもしれません。

しかし、そんなことは関係なしに、頭ごなしに怒ってしまっていたりすると、「理由も聞いてくれない!」「怒られたくない!」という気持ちから、嘘が生まれる事もあります。

嘘をつくのもよく考えたらちゃんと理由があります。

我が子が嘘をついてばかりになると、どうしても嘘をついた事にも怒ってしまいがちです。

しかし、嘘をつかせてしまっているのは自分ではないか?という事を考えなければなりません。

子供が嘘をついたときの対処法は?


人間ですから、嘘をつくことは絶対にない!というわけではありません。

スポンサーリンク

上でお話ししたように、しっかりと嘘の内容に気を付けてあげましょう!

「嘘をついてしまうことは良くない事だ」としっかり子供に教えるのが「親」ですが、ではなんでそんな嘘をついたのか?というのも考えてください。

・いつもイライラしている
・些細なことでも頭ごなしに怒っている
・理由を聞かない

など、あなたに当てはまることはないですか?

お母さんがイライラしていると、子供はお母さんの口調がきつくなっているのを感じます。

そこで自分の悪い事したことが分かったら、すごく怒られるのではないか…という恐怖感などから嘘をつくのです。

ちょっと片付けが出来ていないなど、怒らなくても普通に伝えれば伝わる様なことでも怒っていませんか?

すると、不信感が募り、「自分は何をしても怒られる…それなら怒られなくて済む、その場をしのげる嘘をつけばいい」と考えるようになってしまいます。

子供が嘘をつくのには理由がある!

「友達に先に嫌なことをされた。それに腹立ったからやり返した」
「でもそこでやり返したことがやり過ぎだったから、自分も悪い」など、子供が大きくなってくるとよくあります。

そこで、「なんでそうなった?」と聞かず、やったことに関してだけ怒っていては、何で悪いのか子供に分かりません。

どうすればよかったかを伝えないで怒っていると、子供は本当のことが話せなくなり、嘘が出るのです。

ですから

・イライラせず気持ちに余裕を持つ
・普通に怒らなくても伝わる事は怒らない
・どうして悪い事をしたのかそうなった理由をしっかり聞いた上で、どうするべきだったか教え、自分のしたことは間違いだったと分からせる

嘘をつく原因に対してこのように親の意識を変える事で、子供の嘘が対処出来ます

まずは、嘘をついたという事に怒るのではなく、なんで嘘つくのだろう?ということを考え、こうなったのは親にも原因があるんではないか?という原因を見つけます。

そして、嘘をつかなくてもいい環境に変えてあげましょう

まとめ


子供が嘘をついてしまうことは、内容によってはしっかり考えてあげないといけないのが親です。

どうして嘘をついてしまうのか?子供が嘘をつくのは、必ず何かしら理由があります。

嘘をつかないといけなかった原因をしっかり考えることが1番です

そこからしっかりと問題の解決をしていく中で、何が悪かったのか・どうするべきだったのか・ということを伝えていかなければなりません。

そして、子供が悪い事をしたとしても嘘はつかない環境にしておくことで、子供は一つずつ勉強をし、同じ事を繰り返さないように成長していくことが出来ます。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました