中高一貫校を選ぶ前に知っておきたいメリットとデメリット!

世の中にはさまざまな種類の学校が存在します。

お受験を考えていると、中高一貫校も選択肢のうちのひとつとしてあがる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、中高一貫校について、どんなメリットやデメリットがあるのかまとめてみました。

スポンサーリンク

中高一貫校のメリットは?

ゆとりのある生活を送ることができる

中高一貫校に入学すると、高校受験というものをしなくていいので、中学受験が終わって次の大学受験までは受験のことをあまり意識せず、6年間部活や色んな事に没頭する事が出来ます。

中学受験である程度学力がついている

多くの中高一貫校には、入試があり学力相応の学校の入学するので、入学時点ではある程度同じぐらいの学力の生徒ばかりです。

学力にさほどばらつきがないため、先生側は授業が進めやすく、生徒側は理解しやすい授業を受けることが出来ます。

質やレベルの高い授業を受けられる

中高一貫校では、比較的学力の高い生徒が集まっており、先生も高度な内容を授業で教えなければならない為、質の高い先生がそろっています。

また、その先生にスピーディーかつ丁寧な授業をしてもらえるようです。

大学受験合格実績がいい

中高一貫校では、上でお話しした3つのことにより、大学の合格実績がいい学校が多いのです。

中高一貫校に行き、定期テストなどで好成績・順位キープをしている事で、大学合格にもつながり、その中高一貫校の実績に残るでしょう。

大学受験の準備が出来る

独自のカリキュラムが組んであることで多くの授業が早く進められ、大学受験に向けた勉強をいち早くすることが出来ます。

友人関係を築ける

これに関してはどんな学校でもですが、中高一貫校では同じ仲間と6年間共に生活をし、部活などで深い友人関係を築く事が出来ます。

学校独自の文化がある

全国にある中高一貫校ではそれぞれ独特の文化を持っています。

伝統行事などの他、生徒活動、生活態度でも独特の雰囲気を感じる事ができます。

「その学校でしか学べない事」が学べるというのが中高一貫校の魅力です。

中高一貫校のデメリットは?

学力差が現れ落ちこぼれる場合がある

中高一貫校の入学当初では、みんながだいたい同じぐらいの学力ですが、学年が上がってくるにつれて、授業難易度もあがります。

それによって、中には授業について行けない子も出てきて、学力の差ができてしまい落ちこぼれてしまうこともあります。

メリットとして受験が大学までないのでゆとりある生活が出来るとお話ししましたが、落ちこぼれてしまっていない、しっかり学力を上げている人に言える、充実した生活のことです。

スポンサーリンク

定期テストが難しい

まず普段の授業のレベルが高くハイスピードなので、もちろんテストの範囲が広くなります。

難しいテストになるので、普段の授業にしっかりついて行き、成績をしっかりキープしなければなりません。

1度授業などでもつまずいてしまったらなかなか取り戻すのが難しく、これも落ちこぼれる原因です。

人脈が限られる

高校からの入学を行わない完全型中高一貫校であれば、6年間学生の入れ替えがほとんどないため、学校での人脈は限られています。

他の学校の文化祭や塾、習い事で他の学校の生徒との関わりを持つことで人脈を広げる事が出来ます。

通学に時間がかかる

中高一貫校はどこにでも沢山ある訳ではないので、選んだ学校や自分の住んでいる地域によって、電車やバスなどを利用して通学しなければなりません。

移動時間がかかる人はその時間を無駄に過ごさないようにしています。

中高一貫校に行くまでの苦労


中高一貫校にいくには、小学生のうちに学校では学べない難易度の高い学習が必要になります。

その場合、塾に通ったり家庭教師をよんだりと、お金もかかります。

また、受験をしない公立の中学校に入学すること比べて、遊んだりする余裕も時間もなく、勉強に取り組む必要があります。

そして、中高一貫校に入れるレベルになっていることが必要です。

まとめ


中高一貫校にはこのようなメリット・デメリットが沢山ありますが、いかがでしょうか?

中高一貫校がいいのか?またどこがいいのか?という疑問があるかと思いますが、そのご家庭の教育方針や子供によって目指すものが違っていると思うので、中高一貫校に行くべきか・行かないべきかというのは、結局は親子で選択する必要があります。

中には親が決めた学校で受験をし、合格はしたものの落ちこぼれた・・・など、聞かない話ではありません。

大事なことは、親が学校に行くわけではなく子供が行くので、子供にあわせて選ぶ事が一番です。

実際に行ってみたいと思う学校があるのであれば、その学校の学園祭や学校行事などに参加をする事で、学校や生徒の雰囲気を見ることが出来ますよ。

その他の学校にも同じ様に実際に自分の目で見てみることで、選択肢の幅も広がります。

必ずしもレベルの高い中高一貫校に行けば将来安泰!というわけではないので、親の決めた将来ではなく、子供に意思を尊重した選択をしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました