いくらの解凍後の賞味期限はどのくらい?白っぽいと要注意?

お寿司のいくら、美味しいですよね。
家で、手巻き寿司をするとき息子たちも大好きなので、必ず登場するいくら。

プチプチがおいしいこのいくらを、冷凍保存したことってありますか。
わたしは最近までなかったんです。
友だちが大量に送ってきてくれ、必要に迫られ、いくらの冷凍保存を試みました。

それから、解凍して食べていたところ、解凍後の賞味期限がわからなくなってしましました。
そこで、正確な知識をつけるため調べてみました。

スポンサーリンク

いくらを解凍~賞味期限はどれぐらいなのか~


では、解凍後のいくらの賞味期限ってどれぐらいなのでしょうか。

冷凍前のいくらの新鮮さで少しは違ってきますが、解凍後だいたい2.3日と言われています。
これは美味しく食べられる目安なので、5.6日ぐらいは日持ちします。

生ものなので、早めに食べる、が基本ですよね。

いくらの冷凍方法


生のいくらを冷凍する方法です。

  1. タッパーなどに広げる
  2. 1食分、サランラップで密封する
  3. 素早く低温冷凍する

素早く低温で冷凍することが大事です。

いくらの冷凍期限はどれぐらい?


いくらを冷凍したら、何日以内に解凍して食べきるのがよいのでしょうか。

もちろん新鮮に食べるには、早いうちの方がいいです。
日が経つにつれて、鮮度が落ちるのは当たり前ですよね。

それでも1ヵ月は冷凍保存できます。
3ヶ月後に食べたという友人もいるので、鮮度によるのかもしれません。

たくさん頂いて食べきれない人は、新鮮なうちに冷凍保存しましょう。

いくらの再冷凍はできるのか?


いくらを解凍したものの、食べきれない!

こんなことはありませんか?

食べきれないから、もう一度冷凍したい!
いくらの再冷凍ってできるのでしょうか。

当たり前ですが、一度冷凍したいくらは鮮度が落ちています。
それを再び冷凍するのだから、劣化しますよね。

スポンサーリンク

結論、出来るだけ再冷凍はしない方がいいです。

しかし、どうしても残ってしまった場合、必ず小分けにします
そしてサランラップで密封しましょう。
少しでも空気に触れる時間が短い方が良いです。

小分けにして、サランラップで密封。
出来るだけ早く食べる。

忘れないでおきましょう。

いくらの豆知識~あなたは知ってましたか~


いくらの旬は「秋」です。

いくらは鮭の卵ですよね。
秋に産卵のため、川に戻ってきた鮭の卵って知ってましたか。

鮭の旬が、いくらの旬でもあります。
つまり、旬の生いくらを食べられるのは「秋」だけ。

でも、年中いくらってスーパーにもお寿司屋さんにもありませんか?

実は、冷凍保存を解凍したいくらが大半なんですよ。
美味しいので気にしてませんでしたが、冷凍して解凍したいくらを結構食べているんですよね。

白い斑点に要注意!いくらの寄生虫や傷みについて


いくらには寄生虫がいる可能性があります。

・アニサキス
・ニベリニア

どちらも白っぽい色です。
白い斑点がいくらにある場合、気を付けた方がいいです。

また、ねばねばと糸をひき、納豆のようになっているときは速やかに捨てましょう。
もちろん臭いをかいで、悪臭がしてもアウト。

生ものは鮮度が命です。
もったいないですが、こんな状態のいくらは迷わず捨てましょう。

まとめ


手巻き寿司や丼、お酒のあてなどに美味しいいくら。
わたしはパスタにまぶしたり、炊き込みご飯の上に彩りに添えたりします。

いくらは生ものだから、早く食べてしまわないといけないことに違いはありません。
でも、冷凍することで、鮮度は落ちるものの、結構長持ちするとわかりましたね。

梅雨の時期などは、食中毒が怖いです。
そのため、上でお話したように寄生虫や傷みに注意しながら食してくださいね。

いくらは贈り、贈られることもありますよね。
冷凍の知識があると長く楽しめますよ!

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました