いちごの冷凍保存はいつまでOK?そのままで大丈夫?食べ方は?

いちごが美味しい季節になるとスーパーなどでも安く販売されていますよね。
特売などでは更に安くなっていたりしてたくさん購入してしまったり、たくさんいちごを貰ったという時には保存に困ってしまうこともないでしょうか?

いちごは元々傷みやすい果物の一種で、冷蔵庫に保存していても長くても1週間ほどしか保存しておくことができません。
そのため美味しいいちごなのに大量にある時には消費に困ってしまい、いちごに飽きてしまったりすることもあります。

そこで冷凍保存しておくことができれば、いちごを食べたい時に美味しく食べる事ができますよね。

今回はいちごは冷凍保存することができるのか、 冷凍保存した場合どのくらい保存期間があるのか、保存方法などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

いちごは冷凍保存できる?冷凍保存したらいつまで日持ちする?


いちごは冷凍保存をすることが可能です。
ただ、冷凍保存したあとに完全に解凍してしまうと、グニャッとなって本来のいちごの食感と変わってしまいます。

そのため冷凍保存しておいたいちごは、冷凍したまま食べるか、半解凍にして食べるとおいしく食べることができます。
また冷凍いちごは、デザートにしたりジュースにしたりしても美味しいですよ。
大量にあるいちごも最後まで楽しむことができますし、色々な苺の楽しみ方ができますね。

いちごは、次にお話しする方法で冷凍庫で保存しておくと、1か月程度は美味しい状態で保存することが可能になります。

いちごはそのまま冷凍保存して良い?保存のコツは?


いちごは洗ったあとにヘタを取りましょう。
そしてキッチンペーパーなどで、水気を拭いてから、フリーザーパックなどに並べて空気が入らないようにして、そのまま冷凍庫に入れておくだけです。

いちごが重なったまま入れてしまうと、取り出すときにいちご同士がくっついて取り出しにくくなってしまいます。
なので、どうしても重なってしまった場合には冷凍庫に入れて1時間後ぐらいに一度取り出し軽くほぐしておきましょう

スポンサーリンク

それを2回程繰り返すと、くっつかなくなります。
取り出すときも一粒一粒バラバラになっているため、欲しい分だけ取り出すことができます。

またイチゴを冷凍する前に、軽くグラニュー糖などまぶしておくと、いちご同士がくっつきにくくなるのでこちらもおすすめです。
こうしておくと手軽に一粒取り出せるので、ちょっと小腹がすいたなーという時などに、凍ったまま一粒出してそのまま口に入れるということもできますね。

冷凍いちごをおやつにしよう!美味しい食べ方は?


・そのまま食べる

冷凍いちごはそのまま食べてもシャーベットのようになっています。
練乳をかけるとさらに美味しく食べることができますよ。

上でもお話ししましたが、完全に解凍してしまうとグニャッとなってしまうため、冷凍する前のいちご本来の食感を楽しむことはできません。
しかし、冷凍いちごならではの食感が楽しめるので飽きることなく最後まで食べられると思います。

・シェイクやジュースにする

冷凍しておいたいちごは、牛乳と砂糖を入れてミキサーにかけると簡単にいちごシェイクも作れます。

また冷凍いちごに合わせて好みの果物に、牛乳や豆乳・ 水を加えてミキサーにかけると冷凍いちごジュースの完成です。

大量にもらった時や、冷蔵庫で保存していると全部食べきれないという場合は、いちごを冷凍保存することで、いちご本来の食感は変わってしまいますが、色々ないちごの楽しみ方が広がってきます。

まとめ


元々傷みやすい果物の一種であるいちごは、腐らせてしまう前にぜひ冷凍保存をして、最後までいちごの味を楽しんでみてください。

冷凍することで一か月ほどは美味しく保存しておくことができるので、食べ切れる分を冷蔵庫に入れて、食べ切れない分はすぐに冷凍保存しておきましょう。

冷凍したイチゴはそのまま食べても美味しいですし、シェイクやジュースなど、いちご味のデザートもたくさん楽しむことができます。
冷凍いちごを使ったデザートを子供と一緒に作るのも楽しいですよ。

是非冷凍庫を活用してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました