さんまをオーブンで焼く温度は?こんがりおいしく焼くコツ!

さんまは魚焼き用グリルで焼いていますか?
こんがり焼けておいしいですよね。

でも、食べた後のお掃除が大変です。
さんまの臭いもすごいです。

いい加減なお掃除をしてしまうと、どうなるでしょう。
さんまの後で、パンなんか焼いてしまったら目も当てられないです。

魚焼きグリルを使わないで、さんまをおいしく焼く方法は思いつきますか?
そうです。
オーブンを使ってみましょう!

温度と時間を間違えなければ、うまく焼けますよ。

スポンサーリンク

さんまをオーブンで焼いた失敗例


今では、さんまをオーブンで焼くこともにも慣れました。

最初は、失敗しましたよ。どんな失敗だったでしょう。
お話しますね。

まずは、温度が低すぎた失敗です。

「魚をオーブンで焼くときは180度で、焼きましょう」

そんな情報がどこかにあって、信じて180度で焼きました。
そうしたら、皮がべちゃっとなってしまったのです。

おはしで身をつついても、少しぶよぶよしています。

結局、温度を上げて焼き直しましたが、長い時間かけ過ぎたせいか、おいしさ半減でした。

「温度が低すぎたから、ダメだったのね。」

そう思ってやってしまった失敗が、高すぎた温度。
250度にしたら、確かに焼けました。

けれど、水分が飛んでしまったのか、身がパサついておいしくありません。
表面も、パリッとを通り越して、揚げ物みたいになってしまいました。

明らかに、温度を上げ過ぎました。
低すぎても、高すぎても、うまく焼けないのです。

さんまをオーブンでこんがりおいしく焼く温度は?


180度はダメ、250度もダメ。
この間がおいしく焼くカギになります。

たどり着いたのが、220~230度
さんまの大きさや太さにもよりますので、ちょっと幅がありますよ。

おいしく焼くには、まず、オーブンの予熱はしっかりやっておきましょう
予熱も220~230度で、温めておきます。

ここで、私は後のことも考えて、クッキングシートを敷きます
そして、塩を振って、切り目を入れたさんまを乗せます。
10~12分焼いて、様子を見ます。

スポンサーリンク

これも、さんまの大きさや太さによります。
焼ながら、ときどき庫内を見てくださいね。

油がまわりに出てきて、表面に茶色の焦げ目がついてきたら、ひっくり返します。
ひっくり返すのが早いと、皮がひっついてうまく返せないです。
お気をつけください。

さらに、3~5分焼いたら終了です。

お皿に乗せるときは、クッキングペーパーで、油をいったんふき取りましょう。
これで、外はパリッと中はふっくらジューシーのさんまが焼きあがります。

ひとつ、注意することがあります。
オーブンはどうしても、良く焼ける位置とそうでない位置があります。
ひっくり返すときに、さんまの位置も入れ替えると均一に焼けますよ。

オーブンで焼いた後片付けは、簡単!


魚焼きグリルと違って、オーブンで焼くと、お掃除が楽です。

私の場合は、クッキングペーパーを使っているから、なおさらですよ。
焼いたあと、油がたまったクッキングペーパーを丸めて捨てるだけ。

熱いから、すぐにはできません。
少し時間をおいてからにしてくださいね。

オーブンで焼くと、さんまの臭いもほとんど気になりません
これは、私も使ってみて意外でした。
まったく臭わないわけではありませんが、魚焼きグリルで焼いたときとは、全然違います。

そうですね、数値にすると、魚焼きグリルの臭い10に対して、オーブンは2くらいでしょうか。

最後にもうひとつ、ポイントです。
うちのオーブンは、電気オーブンです。
ガスオーブンの場合は、予熱は低めで焼き時間は短めでも良いかもしれません。

まとめ


さんまを、オーブンでこんがり焼くと、おいしいですよ。
時間と温度さえ間違わなければ、誰でも上手にできます。

オーブンで焼くメリットは、後のお掃除が楽なことです。
今までは、後が大変だったり、臭いが気になってさんまを焼くのをためらっていませんでしたか?

オーブンを使えば、両方解決します。

さんまが、夕食に出てくる回数が増えそうですね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました