体操服の黄ばみの取り方!酸素系漂白剤やそれ以外の方法は?

体操服の汚れってしつこくないですか。

泥汚れ、黒ずみ、黄ばみ・・・

中でも、私は黄ばみ汚れに苦労しています。
真っ白のはずの体操服、黄ばみ汚れが個人的に一番不衛生に感じてしまうんです。

洗濯してるのに、した気がしないような黄ばみ汚れ対策について調べてみました。
真っ白な買ったばかりの体操服のように戻す事は出来るんでしょうか。

スポンサーリンク

体操服の黄ばみの原因は?


黄ばみの原因は、汗です。

運動中にかく汗が酸化すると黄色く変色するんです。
体操服と汗を切り離すことはできませんね。

だから、洗濯してもしても、なかなか真っ白にならないんです。

皮脂はしつこく、皮脂汚れを根こそぎ綺麗にすることは難しいのです。
最初は「キレイになってる!」と感じても、目に見えない皮脂汚れは溜まっていき、時間が経過してから黄ばみになることもあるんです。

この黄ばみ汚れをなんとかする方法が実はそんなに難しくなく、簡単でした。

真っ白な体操服に!!黄ばみ汚れの取り方は?


皮脂汚れはタンパク質汚れです。
タンパク質の汚れにはアルカリ性洗剤が適しています。

実は、固形石鹸が良いんですよ。
酸素系漂白剤もアルカリ性だから黄ばみ汚れが落ちますが、我が家は固形石鹸を使用しています。

●黄ばみ汚れをキレイにするために用意するもの

  • 固形石鹸
  • 使わない歯ブラシ
  • お湯

お湯は熱湯ではなく、手を浸してぬるく感じるぐらいがベストです。
皮脂って、人の熱で溶け出すから、40~50度なんて高温ではなく、30~40度までの熱さにしましょう。

1.この適温のお湯を洗面台など、体操服を浸せるぐらいの場所にはります。

2.固形石鹸で黄ばみ部分、襟や脇部分を中心に擦り付けます。

3.歯ブラシで擦り洗いします。丈夫な体操服なら揉み洗いしても大丈夫ですよ。

4.しっかりすすぎ、石鹸を落としましょう。

5.通常の洗濯をしましょう。

これで、だいたいの黄ばみ汚れはキレイになり、真っ白な体操服が蘇ります。
試してみてください。

しつこい黄ばみ汚れ!固形石鹸で落ち切らない場合は酸素系漂白剤で


私は毎週必ず固形石鹸での黄ばみ汚れ洗いをするので、固形石鹸でしっかりキレイになりますが、蓄積された黄ばみだと、固形石鹸だけではキレイにならない時があります。

そんなときは、酸素系漂白剤を使いましょう。

スポンサーリンク

酸素系漂白剤は、お湯でないと効力を発揮しないです。

ぬるま湯に酸素系漂白剤を溶かし、体操服を浸け置き洗いします。
約1時間ぐらいの浸け置きでOKです。
それから、いつも通りに洗濯してください。

時々、長く浸け置きした方が良いと思い込んでる方がいますが、酸素系漂白剤での長時間の浸け置きは服の生地を傷めるのでやめておきましょう。

それでもとれない!?頑固な黄ばみ汚れには?


襟元がどうしても、黄ばんでいて取れない!!

こんな事ありませんか?
最初にお話ししたように、蓄積された皮脂汚れが徐々に出てきた場合、厄介な黄ばみ汚れになり、なかなかキレイにならないんです。
この場合、酸素系漂白剤を直接黄ばみ部分に浸けておきます
お湯で溶かさずダイレクトに、です。

今は、襟元専用など、ダイレクトに浸けやすい酸素系漂白剤、黄ばみ汚れ用のものが販売されてますから便利ですね。
そういったものを利用しましょう。

それから、いつも通りに洗濯すれば、真っ白な体操服が蘇ります。

まとめ


黄ばみ汚れは、体操服に限らず不衛生な印象しか与えません。
ちょっと一手間でキレイな体操服を保ちたいですね。

買って間もないのになかなか落ちない場合、洗濯機に洗濯物を詰め込み過ぎていませんか?

一度に洗濯機に洗濯物を入れ過ぎると、どんな汚れもちゃんと落ちません。
容量以下で洗濯はしましょうね。

固形石鹸は、浸透力が予想以上に高いんです。
浸透力が高いと、繊維の奥までどんな汚れも掻き出してくれるんです。
固形石鹸が面倒なイメージある人は是非色々試してみてください。
とてもキレイになりますよ!

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました