シャンプーハットの赤ちゃんへの使い方!嫌がるときの対処法は?

小さい子は、あまりシャンプーが好き!という子は少ないですよね。

目に入ったり、顔にお湯がかかったりして、シャンプー嫌いになる子が多いと思います。

一度嫌いになると、子供のシャンプーをするのが一苦労になります。

そんな時に活用したいのが、シャンプーハットですよね。

しかし、シャンプーハットってどう使うのが正しいんだろう?と疑問に思っている人も沢山いると思います。

なんとなく使っている!なんて方の為にも、正しいシャンプーハットの使い方や、シャンプーハットを使っても嫌がる時の対処法なども紹介していきます。

スポンサーリンク

シャンプーハットの赤ちゃんへの使い方


シャンプーハット自体は1歳頃から使うことが出来ます。

中にはシャンプーが嫌いになりすぎて、シャンプーハットを付けることも嫌がる子も沢山います。

そんな時のためにも、まずは100均にも販売されているシャンプーハットを準備してみましょう。

100円だからといっても、品質に大きな違いはないので安心ですよ。

◆シャンプーハットを使うときのコツ

シャンプーハットを使うときは、頭の上に乗せるのではなく、一旦頭から首まで下ろします

そのまま、髪の毛の生え際まで持ち上げて、シャンプーハットの上に、髪の毛が出るようにします。

そのまま頭を濡らして、シャンプーをするのですが、この時子供には少しだけ上を向くように頭を動かしてもらいます。

こうすることで、顔の方にはシャンプー中の泡や、流すときのお湯は全部後ろに流れてくれます。

注意したいのが、シャンプーハットのサイズです。

頭のサイズにピッタリになる大きさのものを準備しましょう。

大きいと隙間から流れ込んできたり、小さすぎるとしっかり頭にはまらないので、使えなくなります。

頭にはめたときに少しキツいかな?くらいの大きさにしておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

赤ちゃんがシャンプーハットを嫌がるときは?


そもそも、シャンプーも嫌だし、シャンプーハットも嫌だし、どうすればいいの?という方も沢山いらっしゃると思います。

シャンプーをしないのは、気になることが沢山あるので、しない!というわけにはいかないですよね。

なんとかシャンプーをしたいが為に、シャンプーハットを使いたい!という気持ちは分かりますが、嫌がる時は無理にするのはやめましょう

ここで、無理矢理やったりイライラすると、シャンプーに対しても、シャンプーハットに対しても、もっと嫌いになってしまうことがあります。

もし、初めてシャンプーハットをする時に嫌がった場合は、嫌なもの!というイメージを与えないように、おもちゃにして湯船で遊んだり、ママやパパが頭に乗せてみたりして、嫌なものではない!と思ってもらいましょう

また、言葉で説明して分かるくらいの年齢だと、「シャンプーハットを使うと目に入らないよー!」「お湯が顔にかからないで流せるよ!」と、メリットを教えてあげてもいいかもしれませんね。

また、実際に目の前で実践しているところを見せるのも効果的ですよ。

実際に使うことで、子供にとってこれを付ければ安心して、シャンプーが出来るんだ!と、分かってもらうことができます。

とにかく、シャンプーやシャンプーハットをすることの恐怖心を取り除いてあげることが、一番ではないでしょうか?

まとめ


シャンプーハットの正しい使い方や、嫌がる時の対処法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

小さいうちは、どうしても一苦労になってしまうシャンプーですが、シャンプー嫌いになった時にはシャンプーハットを使いたいですよね。

そんな時は、まずシャンプーハットまで嫌いにならないように、おもちゃにして興味を持たせたり、使っているところを見せたりして、不安をなくしてあげましょう。

シャンプー嫌いが治るといいですね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました